森見 登美彦 (著)

千一夜物語をモチーフにしたミステリー小説です。

重なっていく物語の数々に、現在地がどんどん分からなくなっていきます。

秋の夜長におすすめの一冊です。

0 0 vote
Article Rating
Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments